巨人・楽天「電撃トレード」に続くのは?埋もれた“4人の余剰戦力”を狙うべき球団

スポーツ 野球 2020年7月15日掲載

  • ブックマーク

 6月25日、巨人と楽天は池田駿とウィーラーの交換トレードを、そして7月14日には高田萌生と高梨雄平の交換トレードを立て続けに発表した。同一球団同士のトレードが短期間に連続で行われるのは異例のことではあるが、まだ若い高田以外の三人については、すぐに活躍できる場を与える意味合いも強いと考えられる。そして、彼ら以外にも、実力はありながらも、チーム事情でベンチや二軍でくすぶっている選手は確かに存在している。今回はそんな出場機会をぜひ与えてもらいたい“余剰戦力”となっている選手を狙うべき球団とともにピックアップしてみたい。...

記事全文を読む