「元・遊廓」に生まれて―― 子孫が打ち明ける複雑心中

国内 社会 2020年7月17日掲載

  • ブックマーク

 収められた写真を見た人は感嘆しつつも、心配になるのではないだろうか。

「これ、出して大丈夫なの?」と。

『遊廓』(渡辺豪・著)には、著者が全国で撮影したかつての遊廓の外観と内部の写真がふんだんに収録されている。廃屋もあれば、別の用途で使われている建物もある。...

記事全文を読む