ある意味の注目度ナンバー1「ごとうてるき」候補が最高裁まで戦った理由

国内 社会 2020年7月3日掲載

  • ブックマーク

オムツ姿で訴える

 東京都知事選の事前の予想で、有力候補扱いすることはないものの、注目度ではかなり上位に食い組んだのが、トランスヒューマニスト党のごとうてるき(後藤輝樹)候補である。理由は政見放送があまりにも個性的だったからだ。

「世間がなんぼのもんじゃい。常識がなんぼのもんじゃい。NHKがなんぼのもんじゃーい」と第一声を発したのちに、後藤候補はオムツ一丁の姿に。政策を訴える前に、

「全裸が売りのアキラ100%がテレビに出られるのに、私の発言がカットされるのはおかしい」
...

記事全文を読む