「文在寅」肝いり雇用政策が大炎上、怒り狂う就活生に本人ダンマリはあんまり

国際 韓国・北朝鮮 2020年6月29日掲載

  • ブックマーク

最低でもTOEIC980点以上

 仁川国際空港公社では書類審査と筆記試験、それに面接と身体検査を通じて最終合格者を選抜するのだが、最近ではTOEIC980点以上、それに各種の“資格”を持つ高スペック名門大学の卒業生でなければ、書類審査すら通過できないのだ。

 さらに、筆記試験の難易度は5級公務員試験(9級が最下位で、5級からは高級公務員。日本で言う「キャリア公務員」である)ほどで、面接もロールプレイング面接、討論面接、英語面接、実務面接など4段階を経る必要があり、その途中には論述試験まで行われる。

 そんな狭き門をくぐり、晴れて仁川国際空港公社の正規職員になれば1年目から年収は約4600万ウォンと韓国のエリート企業・サムスン電子と同程度の待遇が約束されるのだ。

 これまで数多くの学生が“正規労働者”として入社したいと焦がれ、散っていった人気の就職先の非正規労働者が突如、何の理由もなく正規職員に格上げされるというのだから、学生たちが怒り狂うのも、もっともであろう。

 現在、インターネット上のコミュニティサイトでは、そんな若者たちの怒りが次々と書き込まれているのだという。例えば、ある青年は、

「仁川国際空港公社に入社するため、TOEIC試験を10回受けた。TOEICスピーキング試験も8回受けた。採用の筆記試験のために1日14時間ずつ、眠気に耐えながら勉強をした。毎日苦しくて泣きたいほどだったが、それでも我慢した。必ず合格するという一念だけで……。ところが、私のこのような努力が無駄なものになった。“これが大韓民国で起こっている事実”という現実に生きるのが嫌になった。初めて父の前で泣いた。心が壊れてしまった」

 一方、棚からぼた餅で運よく正規職員の地位を得た仁川国際空港の非正規労働者たちの私的なメッセージのやり取りが外部に流出するという騒ぎも起こっている。

 以下が流出したとされるメッセージだ。

「俺、軍隊を除隊して22歳の時にアルバイトで仁川国際空港の保安チームに入隊し、190万ウォン(約13万円)を受け取っていたけれど、今回、正社員になる。年俸5000万ウォン!! 急にソウル大卒業者レベルに飛び上がった!! お前たちが(入社準備で)5年を浪費している間、私は月給もらいながら正規職になったんだ!!」

「今回、ベンツを買った。数年間働いて事務職のポストが欲しくなったら、また闘おう!」

「高卒の役員になると客室乗務員を喜び組にすることってできるかな?」

 ちなみに、今回の措置で、自動的に正規職員の地位に格上げされるのは、文大統領が空港を訪問した2017年5月以前から非正規職員として空港で労働してきた人たちのみ。それ以降に非正規として雇用された労働者は、正規となるため再び試験を受ける必要があり、韓国では「BM/AM」(Befor Moon/After Moon)という造語まで囁かれている。文大統領の英語表記は、Moon Jae-inである。

 現在、大統領府の請願掲示板には、「仁川国際空港公社の正規職への転換を中止してほしい」という請願文が掲載され、3日間で集まった同意は、25万人以上。

 マスコミなどからも非難が殺到しているが、文在寅大統領は知らぬふりを決め込んでいる。

金昌成
韓国在住のジャーナリスト。韓国政財界や芸能界など幅広い分野で記事を執筆。来日経験も多く、日韓関係についても精力的に取材を行っている。

週刊新潮WEB取材班編集

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]