佐野史郎がコロナ禍に没頭した神話の世界 「神話や歴史はまさに幻想怪奇文学」

国内 社会 週刊新潮 2020年6月25日号掲載

  • ブックマーク

『神話と天皇』大山誠一 

 外出自粛でまとまった時間のできた機会に改めてと、ポーやラヴクラフトなど好きな探偵小説、幻想文学に浸っておりました。かつては知る人ぞ知るという存在の幻想怪奇作家、ラヴクラフトが生み出した「クトゥルー神話」も、近年はゲームやアニメ、ライトノベルなどで若い世代にも知られるようになり嬉しい限り。...

記事全文を読む