「あの店はマズい」と口コミサイトへ投稿 法的責任は問われる?

国内 社会 2020年6月17日掲載

  • ブックマーク

 多くの良識ある人は、「自分はネットに他人の悪口を書いたりしない。ましてや『死ね』なんて暴言も吐かない。だから大丈夫」、と思っているに違いない。

 ただ、そういう方でも意外と、口コミサイトなどではちょっと辛口のコメントをすることがあるかもしれない。金も貰っていないのに褒める義理はないのだ。

 しかし言われた側にとっては大きなダメージとなることもある。辛口コメントは「名誉毀損」あるいは「営業妨害」にならないのだろうか。

 ネット時代の法律知識を弁護士の鳥飼重和氏らが解説した『その「つぶやき」は犯罪です―知らないとマズいネットの法律知識―』の中から、口コミやレビューと名誉毀損の関係を見てみよう。...

記事全文を読む