テラハ「木村花」さんに捧ぐレクイエム、プロレスファンでもそうでなくても…

エンタメ 2020年5月31日掲載

  • ブックマーク

「プロレスって不完全な人が愛される場所というか、完璧じゃなくて足りない人の場所だから、私のように学校では受け入れられなかった人間でもありのままでいられるんです」――。22歳で亡くなった木村花さんは生前、雑誌のインタビューにそう語っていた。等身大の自分について話しているようで、強さと弱さが同居する人間の業のようなものもまた指摘されているように聞こえる。ファン歴40年の徳光正行が送る、稀代のヒールへのレクイエム。...

記事全文を読む