コロナ禍の今だからこそNHKは受信料を下げるべきではないのか

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

 緊急事態宣言が解除されようと、コロナ禍により多くの人が苦境に立たされていることに変わりはない。中小企業や個人事業主など、収入が激減し、途方に暮れる人はごまんといる。そんな中にあっても、安泰なのがNHKだ。実際のところ、契約件数は増え続け、受信料は年におよそ7000億円が集まる。公共放送を自認するなら、少しは視聴者に還元することくらい考えたっていいのではないか。

 ***...

記事全文を読む