コロナより怖い「仕事中毒」! 「お仕事ポルノ」と「勤労アニメ」に要注意

国内 社会 2020年5月27日掲載

  • ブックマーク

 多くの日本人に感動を与えてきたNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」とスタジオジブリの「宮崎アニメ」。

 いずれも素晴らしいコンテンツに思えるが、「ひきこもり」を専門とする精神科医・斎藤環さんと、双極性障害にともなう重度の「うつ」をくぐり抜けた歴史学者・與那覇潤さんは、日本における「心の病」の増加と、G7(先進7カ国)で最悪となる自殺率の背景には、これらのコンテンツの負の影響があるのではないかと懸念している。

 どういうことか? 2人の対談本『心を病んだらいけないの? うつ病社会の処方箋』から、一部を再編集してお伝えする。...

記事全文を読む