「コロナ禍」の陰で「日本語学校」悪質極まる「人権侵害」の闇を追う(上) 「人手不足」と外国人(49)

国内 政治 Foresight 2020年5月19日掲載

  • ブックマーク

 アジア新興国の貧しい若者を借金漬けで来日させ、日本人の嫌がる底辺労働に利用してきた「留学生30万人計画」。その実態は、本連載で繰り返し報じてきた。前回(2020年4月23日『家族も看取れずブータン女性「脳死」を招いた「留学生30万人計画」の罪科』)の連載でも、日本で亡くなったブータン人女子留学生の悲劇を取り上げた。

「30万人計画」の恩恵を最も受けてきたのが「日本語学校」だ。

 日本語学校は近年、猛烈な勢いで増え続け、全国で800校近くを数えている。出稼ぎ目的の“偽装留学生”を大量に受け入れた結果である。...

記事全文を読む