新型コロナで亡くなった勝武士さん 中学時代の恩師が語る“エアーギターの思い出”

スポーツ 2020年5月18日掲載

  • ブックマーク

 大相撲ではもちろんのこと、国内の20代でも初の死者となった……。大相撲でも初めてとなる。新型コロナで高田川部屋所属の現役三段目力士の勝武士(しょうぶし、本名・末武清孝)が5月13日に亡くなったのだ。享年28。4月10日に新型コロナの陽性が判明し、19日から集中治療室で治療を受けていた。身長165センチ、体重108キロで、最高位は東三段目11枚目。糖尿病を患っていたという。

 ***
...

記事全文を読む