サウジアラビアがコロナ禍で窮地 日本のエネルギー安全保障に大打撃の可能性

国際 2020年5月17日掲載

  • ブックマーク

 サウジアラビアの財政が「火の車」となっている。

 足元の原油価格が予算策定時に想定していた60ドル(1バレル当たり)を大きく下回り、政府の歳入の約8割を占める原油売却収入は半減しているからである。

...

記事全文を読む