「供給過剰」で勃発している原油「貯蔵タンク」「タンカー」争奪戦

ビジネス Foresight 2020年3月20日掲載

  • ブックマーク

 その昔、「アパルトヘイト」政策を採っていた南アフリカ共和国(南ア)は、国連からの制裁を受けており「OPEC」(石油輸出国機構)からも「輸出禁止先」とされていた。「OPEC」は、パレスチナの地に建国した「イスラエル」も「輸出禁止先」としていた。いわゆる「アラブボイコット」条項である。

 最近、LNG(液化天然ガス)長期契約に含まれていることで話題に上ることもある「仕向け地条項」(destination clause)というものが、「OPEC」加盟国産の原油売買契約には含まれていた。...

記事全文を読む