「池江璃花子」から離れない「なべおさみ」 豪邸拡張を計画中

エンタメ

  • ブックマーク

賃借人は寝耳に水

 そして、なべの近況といえば、もう一つ。

「豪邸の拡張を計画しているんです。なんでも、なべさんや息子のやかんさんのコレクションを収蔵する部屋を作るのだとか」(同)

 ちなみに、やかんは有名な怪獣人形コレクターだ。

 近隣住民曰く、

「なべさん家(ち)の裏手にあるアパートのことでしょ。年明けに測量業者の方が来ていました。土地の境界線を確認したいということで書類にサインしましたよ」

 アパートの大家に訊くと、

「なべさんに売るのは確かです。今なべさんが住んでいるところも元々はうちが持っていたものです」

 ただ、アパートの住人は、

「全く知りません。大家さんが替わるんですか。そういうことなら何かしら連絡があると思いますけど」

 と寝耳に水の様子。どうもすぐにアパートを潰すわけではなさそうだ。

「土地は50坪。お隣のよしみで格安で譲ってもらったとのこと。とはいえ、都内の一等地で1億円は下らない。資金は、吉本の口利きで無担保で調達できたみたいです」(前出関係者)

 コロナもぶっ飛ぶ景気のいい話なのである。

週刊新潮 2020年5月7・14日号掲載

ワイド特集「コロナの陰に『オンナの事件』」より

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]