大鵬の連勝記録を止めた“世紀の大誤審” 【発掘! 昭和のスポーツ秘話】

スポーツ

  • ブックマーク

 1969年(昭和44年)、横綱・大鵬は連勝を45まで伸ばし、戦前に双葉山が記録した69連勝を追っていた。誰もが連勝記録を塗り替えるのは大鵬以外にないと期待していたが、連勝は3月場所の2日目に途切れてしまう。あろうことか、偉大な記録を阻んだのは“世紀の大誤審”だった。
...

記事全文を読む