元横綱「輪島さん」逝去 遺した“黄金の左”と“豪遊”伝説

スポーツ週刊新潮 2018年10月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 亡くなった輪島大士(ひろし)さんのライバルの一人は、1972年九月場所後、大関に同時昇進した貴ノ花だった。先だって日本相撲協会を去った貴乃花の父である。輪島は大関4場所目で全勝優勝、初土俵から僅か3年半で横綱に駆け上がった。時に25歳。学生相撲出身の横綱はいまだ彼一人だ。...

記事全文を読む