「経済の9割を止めてもコロナ対策を」は正論か

国内 社会 2020年4月22日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルス禍に関連して、「命か経済か」という古くからある問題がまたクローズアップされてきた。

 過去に例を見ない「自粛」によって、数多くの企業や自営業者らが経済的に苦しい立場に追い込まれており、世界規模で見た場合には大恐慌を超える状況だとも伝えられている。このような状態が続けば、経済は壊滅的なダメージを受けることは間違いない。すでに受けているとすら言える。

 一方で「人命よりも大切なものはない。経済云々はそのあとだ」という声は大きい。政府と東京都を見た場合には、どちらかといえば両方のバランスを取ろうとしているのが前者で、「命ファースト」を強く主張しているのが後者(都知事)である。...

記事全文を読む