コロナで大揺れ「テレ朝」内幕 マスクをしていなかった富川アナ、社員に感染周知せず

エンタメ 週刊新潮 2020年4月23日号掲載

  • ブックマーク

「現在、入院中の富川さんの症状は深刻だと聞いています。ひとたびコロナウイルスに感染すると、症状が鎮まったかに見えて急変することがあるという。やはり、といった思いです」

 声を潜めて明かすのは、さる「報ステ」関係者だ。“看板”である富川悠太アナ(43)の「陽性」をテレ朝が発表したのは、今月12日。同局の関係者が言うには、

「富川アナは在宅勤務だった3日と休日の4日に38度の発熱がありました。5日には平熱に戻って6日からは通常出勤していたのですが、7日の本番中に痰がからむ症状が出て、8日頃から息切れを感じている。9日も平熱ではあったものの、階段や早歩きで息苦しさを自覚していました」

 とのことで、

「翌朝も症状が続き、都内の病院で受診すると直ちに入院することに。CT検査で肺炎症状が確認されPCR検査を受け、11日に陽性と判明したのです」(同)

 同日夜、富川アナの感染を他メディアが報じたこともあり、テレ朝は翌日に発表せざるを得なくなったという。つまりは後手に回った格好で、

「会社側の対応はもちろん、発熱後の彼の行動にも、疑問を抱かざるを得ません」

 と、この局関係者は不信感を露わにする。

「実は、番組と社の上層部は、9日の放送終了後に富川アナから不調を伝えられていた。にもかかわらず、番組スタッフには安直な自宅待機の指示を出すだけ。“翌週の放送ありき”で対策を練ることに腐心していたのです。富川アナの代役やスタッフの配置といった調整ばかりが優先され、情報の周知が徹底されなかったので、なぜ帰宅させられるのか分かっていないスタッフもいたほどです」

 現に、10日の夕方には、

「事情も明かされないまま、富川アナと濃厚接触の疑いがあるスタッフ20名ほどが自宅待機となり、現場が回らなくなった。何しろ、全体指揮を執るチーフプロデューサーまで現場を離れる事態となったのです」(同)

 10日のオンエアは、金曜日のMCであり現在は富川アナの代役も務める小木(こぎ)逸平アナ(45)が乗り切ったわけだが、翌11日になっても社の幹部から“情報開示”はなされなかった。が、前出の「報ステ」関係者は、

「この日、富川さんがPCR検査を受けているとの話がどこからともなく伝わり、一気に危機感が広まりました。うちと同じスタジオを使っている『グッド!モーニング』では“週明けの放送は屋上でやるべきだ”との声も上がり、『報ステ』でも自宅待機の人数が次々と増えていきました」

 そんな状況下にあって、

「感染経路を調査する過程で、番組幹部からは“もしや富川は彼女と接点があったのでは”との見方も出たと聞きました。“彼女”とは、9日にテレ朝初の感染者となったCG制作を担当するグループ会社の女性社員。“それはないだろう”という結論に至りましたが、真相は分かりません」(同)

 そして問題の11日夜。「報ステ」スタッフをはじめ、多くのテレ朝社員は報道で“富川アナ感染”を知るはめになる。

「番組MCなどの自局人事を、スポーツ紙や週刊誌で初めて目にすることは時々あります。ですが、命に関わる情報を他メディアによって知らされるとは……。社員の間では“会社はなぜもっと早く知らせなかったのか”との怒りが渦巻いていて、親から“そんな会社なんて辞めろ”と怒鳴られた社員もいました」(前出・局関係者)

 一方、当の富川アナについても、先の「報ステ」関係者はこう振り返る。

「富川さんは、3日と4日に発熱していたのに病院で診断を受けなかった。そもそも、社のきまりで高熱が出たら報告することになっているのに、平熱に戻ったことで週明けに出社し、担当する月曜から木曜の出演が終わるまで会社には体調不良を報告していなかったわけです」

 あるいは、看板アナとして番組に穴を開けるような事態は避けたかったのかもしれない。が、これまでのコロナ関連の報道で、発熱後にいったん小康状態を経てから再び発症し、重症化するケースもあることは重々理解していたはずである。

「うちの番組も含め、テレビは散々コロナの危険を煽り、外出自粛を含めた注意喚起を繰り返してきました。それを伝えるキャスターが、こうしたイレギュラーな振る舞いで感染を拡大していたのだとしたら、視聴者に説明がつきません」(同)

 実際に、そうした不安は現実となりつつある。

「現在、富川さんと濃厚接触したチーフプロデューサーや、総合デスクを務める男性などに肺炎の症状が認められ、すでにPCR検査を受けています。ほかにも10人を下らない番組スタッフが次々に発熱を訴えているため、番組OBなど、局内から人員をかき集めて何とかオンエアにこぎ着けているのが現状です」(同)

 ちなみに富川アナは現在、研修医18人のコロナウイルス集団感染が発覚したばかりの慶應病院に入院中だというから、なおのこと不安を禁じ得ないのである。

次ページ:典型的な罹患者

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]