映画「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」 知られざるポイントを専門家が解説

国内 政治

  • ブックマーク

 作家・三島由紀夫と東大全共闘(実力闘争を掲げた学生運動組織)は1969年5月13日、東大駒場キャンパスで2時間半の討論会を行った。全共闘は人寄せのポスターに“近代ゴリラ”三島の戯画を描いた。会場の大教室は1000人余りの学生で埋まり熱気に包まれた。これをいくつかの週刊誌がセンセーショナルに報じ、世間の耳目を集めた。...

記事全文を読む