『セブンティウイザン』対談 古希間近の妻が「私、妊娠しました」【竹下景子×小日向文世】

エンタメ 週刊新潮 2020年4月9日号掲載

  • ブックマーク

 定年を迎えた65歳のサラリーマンが帰宅すると古希間近の妻がこう告げる。「妊娠しました」。新潮社バンチコミックスの『セブンティウイザン』『セブンティドリームズ』(タイム涼介)がドラマ化。主演の小日向文世(66)、竹下景子(66)が“初産”を演じて得たものとは。

 ***...

記事全文を読む