新型コロナ報道で「羽鳥慎一モーニングショー」が独走 立役者は大谷院長と岡田教授

エンタメ 2020年3月9日掲載

  • ブックマーク

 新型コロナウイルスの感染拡大とテレワーク、さらに子供たちの臨時休校で、在宅時間が増え、テレビの視聴率が軒並みアップしているという。特に数字を上げているのが「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日・平日・8:00~)だ。コロナ騒動で番組史上最高の12・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)を2度も叩き出して、他を圧倒中である。

 ***

 ニュースや情報番組は、どこもかしこもコロナ、コロナ――。連日連夜、新たな感染者数、マスク不足が喧伝されている。放送内容には大差がないように思えるが。民放プロデューサーは言う。

「確かにコロナの影響で視聴率は上がっている感じです。ただし、全ての番組が良いかといえば、そうではありません。平日の朝の番組について言えば、バラつきがあります。時差出勤とテレワークで早朝の出勤が控えられ、『グッド!モーニング』(テレ朝・4:55~)や『ZIP!』(日本テレビ・5:50~)といった早朝の番組は横這いか、むしろ数字を落としています。一方で、番組史上最高の視聴率を記録しているのが『モーニングショー』です」

 もともと、3年連続で同時間帯の首位を続けている人気番組だが、

「昨年の平均視聴率は9・4%ですが、2月24日、さらに3月4日にも12・5%を記録しました。これは番組史上最高の数字です。また、24日は夕方の『news every.』(日テレ)の3部(17:53~)が16・8%でした」(同)

 24日の放送には何があったのか。

「それまでは、大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の話題が多かった。23日にコロナ陰性が確認された乗客が、下船後に陽性になったことが発覚。新型コロナウイルスの新たな一面が注目されたタイミングでした。さらに27日には、『報道ステーション』(テレ朝)が20・0%の大台を記録します」(同)

 テレ朝もこれには大喜びだろう。

「この日は特に、安倍首相が小中高校の臨時休校を要請。世間は大騒ぎになった。新たな局面を迎え、視聴率も伸びたのでしょう」(同)

次ページ:厚労省が噛みつく

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]