生徒に「足切るぞ」教師の真相 地元からは擁護の声

国内 社会 週刊新潮 2020年2月20日号掲載

  • ブックマーク

 教育熱心ゆえのげんこつやビンタがまかり通った時代は遠い昔。そんな時世に、宮城県の小学校教師が「足を切るぞ」と注意した。しかも刃渡り26センチのノコギリを握っていたから、騒がれたのもむべなるかな。しかし実際に地元から聞こえてくるのは意外な評判である。

 ***...

記事全文を読む