橋本聖子五輪相のウグイス嬢疑惑「半日9千円」の苦しい言い訳

国内 政治 週刊新潮 2020年2月13日号掲載

  • ブックマーク

橋本五輪相・高橋議員疑惑の核心 ウグイス嬢が書いた「裏領収書」(2/2)

 橋本聖子五輪相(55)、そして高橋はるみ・参議院議員(66)に浮上した、ウグイス嬢疑惑。昨年の参院選の折、法定上限の「1万5千円」を超えた1万8千円の報酬を支払い、吉田優子さん(仮名)を起用したことなどを週刊新潮が報じたものである。

 ***

 橋本陣営の収支報告書には、吉田さんの勤務として「全日」「半日」が記されている。前者は日当1万5千円が支払われている一方、後者の額は7500円ではなく、9千円。1万8千円のちょうど半分に当たる金額だ。これは関係者が証言した、高橋陣営の報酬額と一致する。

 本件を会見や国会の場で問われた橋本大臣は、高橋議員同様、

「法定以上の報酬は支払っていません」

 と否定。

 半日勤務の際の報酬「9千円」についても、

「移動なども拘束時間になることを踏まえ(日当の)5分の3を支払いました」

 と説明している。

 が、さる自民党の道議が言う。

「昨年の選挙は橋本さんから、高橋さんサイドに“一緒に選挙をやろう!”と声を掛けています。その上で、吉田さんを共有している。彼女は“かけもち”になりますから、もちろん、橋本陣営は吉田さんの扱いについて、高橋さんサイドと、綿密に打ち合わせをしていますよ」

 しからば、報酬額についても「共有」しているはず。逆に一致していない方が不自然なくらいだ。

次ページ:過剰報酬の跡

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]