張り込み、ガサ入れ…etc。過酷な薬物捜査の現場では、実は働き方改革が進んでいた

国内 社会 2020年2月14日掲載

  • ブックマーク

 第1子が生まれ、めでたく育休を開始した小泉進次郎環境大臣の動向が注目を集めている。男性閣僚の育休取得は史上初めてのことだ。国会議員が率先して育休を取得することで、一般企業に勤めるサラリーマンも育休を申請しやすい雰囲気につながるかもしれない。

 ますます進む働き方改革の流れに、企業側も変革が求められているが、対応が追いついていないことも多いのではないだろうか。

 しかし、とある過酷な職場で、率先して働き方改革が進められていたことをご存じだろうか。その仕事とは、被疑者の捜索から、ガサ入れ、潜入捜査まで行う麻薬取締官、通称「マトリ」だ。...

記事全文を読む