森喜朗元首相のレガシー財団「誰から誘われたのか」口を濁す関係者たち

国内 社会 週刊新潮 2020年2月13日号掲載

  • ブックマーク

森喜朗元首相の新財団は負のレガシー(2/2)

 東京五輪組織委員会の森喜朗会長が「一般財団法人日本スポーツレガシー・コミッション」なる組織を設立する背景には、「東京五輪終了後の剰余金の受け皿にするのではないか」(文科省関係者)との見方がある。その額は数百億円とも目される。自らを最高顧問に置くことで、五輪終了後も影響力を「レガシー」として引き継ごうとしているのか。

 ***...

記事全文を読む