日本が「アジア最大の覚醒剤マーケット」になった三つの特殊事情

国内 社会 2020年2月7日掲載

  • ブックマーク

 じつは日本は、アジア最大の覚醒剤マーケットであるという。他の国々には例を見ない、特異な薬物情勢となっているその背景には、三つの理由があった。『マトリ 厚労省麻薬取締官』の著者・瀬戸晴海氏が解説する。(以下は「週刊新潮」2020年1月30日号掲載時点の情報です)

 ***...

記事全文を読む