ナイツ塙が一切ボケない! 母校「創価大学」の受験者増にTV番組を使い貢献

エンタメ 週刊新潮 2020年1月30日号掲載

  • ブックマーク

 常に独特なトーンでボケを連発するナイツの塙(はなわ)宣之(41)が、一切ボケない。

 無論、相方の土屋伸之(41)もツッコまない。それなのに2人はいつもよりテンションが高く、ギリシャ建築風の巨大な建物を前に、〈見てくださいここ! 池田記念講堂ですよ!〉〈大統領クラスもここに来ますからね〉と説明を開始。ロケの場所は彼らの母校、東京は八王子の創価大学。学生時代を思い返しては〈創価大学の学園祭のテーマが凄くて、僕らの時も「大地を揺るがす創造の世紀へ」みたいな深いテーマでやっているんです〉と語りだすのだ。

 1月19日放送、バラエティ番組「誰だって波瀾爆笑」(日テレ系)にナイツがゲストとして登場した回が、関係者の間で話題となった。

「地上波の番組でここまで大々的に創価大が特集された記憶はないです」

 と、学会ウォッチャーも驚きを隠さない。

「創価大は創価学会にとって、公明党とならぶ重要な外郭団体。来年開校50周年ということもあり、イメージアップを図りたい学校側と、熱心な学会員であるナイツの意向を汲んで生まれた企画だったのでしょう」

 確かに、〈牧口初代会長・戸田第二代会長〉と書かれた本棚が映ったり、大学限定グッズをはじめとする購買部の充実ぶりをアピールしたりと、ナイツゆかりの地の紹介というより、学校宣伝の趣きが強い内容だった。岡田結実(ゆい)(19)らMC陣がいるスタジオの映像に切り替わっても、常にテロップには「創価」の文字が映され続けていた。

次ページ:人間主義

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]