ゴーンが展開する“反日” 検察は取り調べの録音録画を全世界に公開せよ

国内 社会

  • ブックマーク

 商才に長けたフェニキア人が、極東の蛮国で政局に絡んで虎の尾を踏んだが命からがら逃避行――。などと聞けば、今回のカルロス・ゴーン(65)の蛮行の見え方は違ってくる。小説・映像化を狙うゴーンの魂胆はそこにある。ならば今こそ、取り調べの録音録画データを全世界に公開すべきなのだ。...

記事全文を読む