ゴーン逃亡「弘中・高野弁護士」「保釈許可の裁判官」はどう責任取るのか

国内 社会 週刊新潮 2020年1月16日号掲載

  • ブックマーク

“無罪請負人”の弘中惇一郎弁護士(74)と、“刑事弁護界のレジェンド”高野隆弁護士(63)。彼らのクライアントであるカルロス・ゴーン(65)の海外逃亡は日本の刑事司法を揺るがす大失態であり、さらには両名が責を負うべき事情もあるのだ。

 ***...

記事全文を読む