東京五輪を逃したレスリング「登坂絵莉」 リオ五輪「金メダリスト」はパリを目指すのか

スポーツ 2020年1月9日掲載

  • ブックマーク

 五輪2連覇の夢は消えたが、そこに素晴らしき敗者の姿があった。12月中旬に駒沢体育館(東京)で行われたレスリングの全日本選手権。リオデジャネイロ五輪48キロ級の金メダリスト、登坂絵莉(26・東新住建)は、女子50キロ級の準決勝で須崎優衣(20・早大)に0-6で完敗した。「終わったなと思いました」などと語った。...

記事全文を読む