IR汚職で逮捕の秋元司議員が披露していた土地錬金術 口銭稼ぎの達人は単なる守銭奴

国内 社会 2020年1月7日掲載

  • ブックマーク

 カジノ事業を巡る汚職事件で、内閣府の前副大臣としてIR(統合型リゾート)を担当していた秋元司衆議院議員(48)[東京15区]が収賄容疑で逮捕された。そして彼を「不動産取引情報の達人」だったと指摘したフェイスブックが話題になっている。

 ご覧になっていない方でも、「そういう政治家だったんだなあ」と腑に落ちるに違いない。その内容をご紹介する前に、秋元容疑者の経歴や逮捕容疑などを確認しておこう。

 秋元容疑者は1971年生まれ。鹿児島市内の市立小学校と中学校、そして県立高校を卒業、92年に大東文化大学の経済学部に入学した。

 大東大は東京都の板橋区に本部を持つほか、埼玉県東松山市にキャンパスを擁している。

 大学生となった秋元容疑者は93年、東京10区などで衆議院議員を務めた小林興起氏(76)の大学生秘書として事務所に入所する。96年に卒業すると、2000年には小林氏の公設第1秘書に就任した。

 04年の参院選で比例区から自民党公認候補として出馬、初当選を果たす。翌年の郵政民営化法案の採決で反対票を投じて処分を受けたことが話題になった。

 09年に母校の大東文化大で理事に就任するが、10年の参院選で落選。12年には衆院に鞍替えして東京15区で出馬、落選するも比例復活を果たした。

 こうして衆院議員となった秋元容疑者だが、IRやカジノに理解を示す議員として知られていたという。

 10年にIR議連(正式名:国際観光産業振興議員連盟)が超党派議員74人で発足したが、秋元容疑者は副幹事長10人の中の一人として名を連ねている。

 16年には衆院内閣委員会委員長に就任、カジノ法案審議で野党の反対を押し切り、法案採決に尽力した。

 そんな秋元容疑者を東京地検特捜部は、昨年12月25日、IR参入を目指していた中国企業「500ドットコム」から370万円相当の賄賂を受け取っていたとして収賄容疑で逮捕したのだ。

 さらに同社顧問の紺野昌彦容疑者(48)と仲里勝憲容疑者(47)、それに日本法人の元取締役の鄭希容疑者(37)の3人を贈賄容疑で逮捕した。

 特捜部の調べによると、17年9月下旬、「500ドットコム」社がIR事業を行う便宜を図る見返りとして、秋元容疑者は逮捕された3人から現金300万円を賄賂として受け取ったという。

 ほかにも18年2月中旬には秋元容疑者と妻が北海道旅行に招待され、航空チケット費や宿泊代など、合計約70万円相当の賄賂を受けた――などの疑いが持たれている。

 秋元容疑者は17年8月から18年10月まではIR担当の内閣府副大臣を務めていた。370万円相当の賄賂を渡された時期と重なるのは興味深い。

次ページ:「反中国」だったはずの秋元容疑者

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]