慶応大教授が下着ドロで人生破滅、その華麗なるキャリア

社会 週刊新潮 2019年12月5日号掲載

  • ブックマーク

 先見の明に長ける男が、目先の利を追い、破滅した。下着ドロで捕まった慶応大学理工学部教授、白鳥世明(せいめい)(56)のことである。長い時間と労力をかけて彼が築いてきた実績はどんなものだったのか。

 11月17日の午後2時過ぎ、千葉・JR市川駅近くの幹線道路に男性の声が響き渡った。...

記事全文を読む