「白鵬」の“エルボー”に横審が苦言 特注サポーター使用で異種格闘技という声

スポーツ 2019年12月1日掲載

  • ブックマーク

 大相撲九州場所千秋楽から一夜明けた25日、横綱審議委員会(横審)から取り口が見苦しいと批判された横綱白鵬(34)。史上最多の43回目の優勝を果たしたものの、遠藤(小結)に対する右腕から繰り出された“かち上げ”ならぬ“ひじ打ち”は、「もはや相撲ではない」と言われる始末……。

 ***

 東京・両国国技館で行われた横審の定例会合では、矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)が、「張り手やかち上げは、ちょっとやり過ぎではないか。横綱として見苦しいと多くの意見が出た」と苦言を呈した。さらに、「43回の優勝は史上最高の実力者で大横綱になっていると思うが、名横綱と言われる存在になってほしい」と異例の要望をした。

 実際、九州場所15日の取り組みのうち、白鵬がかち上げ、もしくは張り手を使ったのは、10日にも及んでいる。

初日~北勝富士・右かち上げ。
2日~大栄翔・右かち上げをかけるも、大栄翔に読まれ空振り。押し出されて黒星。
3日~朝乃山・右から張り手。
6日~明生・左から張り手。
8日~玉鷲・左から張り手。
9日~琴勇輝・左から張り手。
12日~遠藤・左から張り手、右かち上げ、右から張り手。
13日~阿炎・左から張り手。
14日~御嶽海・右から張り手。
千秋楽~貴景勝・左から張り手。

「かち上げや張り手は、本来、大関以下が使う技で、横綱が10日も使っていたなんて前代未聞ですよ」

 と呆れるのは、ベテラン相撲記者。

「特に酷かったのが、12日目の遠藤との取り組みでした。立ち合いで白鵬は左の張り手。そして右のかち上げで遠藤の顔面をねらい、サポーターをこすりつけるように打っていた。さらに、また顔面をねらった右の張り手です。遠藤は戦意喪失したように腰砕けになって前へ落ちました。これはもう相撲ではないですよ」

次ページ:異種格闘技

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]