ロシアがブレグジットで行った秘密工作:英首相は総選挙で報告書の公表を阻む インテリジェンス・ナウ()

国際 Foresight 2019年11月22日掲載

  • ブックマーク

 下院が解散され、12月12日投票に向けて国家の将来を決める総選挙たけなわの英国。実は、欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題をめぐる大騒動の陰で、ボリス・ジョンソン首相がある重大な報告書の公表を拒否していた。

 この報告書は、「外交官(を装った)カバー」の駐英ロシア大使館スパイや、ジョンソン首相の最側近でロシアとの関係が懸念されるドミニク・カミングズ上級顧問らに言及しているとみられる。公表されていたら、選挙に大きい影響を与えていただろう。

 下院情報安全保障委員会が情報機関の支援も得てまとめたその報告書。...

記事全文を読む