八戸・女児切りつけ事件、「少年A」が育った家庭環境と犯行2分後の異常な行動

社会 週刊新潮 2019年11月28日号掲載

  • ブックマーク

「人を殺すことに興味があった」、「誰でもよかった」、「殺すつもりだった」――既視感のある供述とは言えるだろう。14歳の少年Aは、小学校6年生の女児の首を刃物で切りつけ、青森県警に逮捕された。

 ***...

記事全文を読む