佐野史郎の大ケガで収録がバレた「笑ってはいけないSP」 日テレはしぶしぶ公表?

エンタメ 芸能 2019年11月19日

  • ブックマーク

爆破直後、マットに飛ばされ……

 新聞記事を元に、日テレ以外の情報番組は事故を紹介した。中でも「直撃Liveグッディ!」(フジ)は、8日の放送で10分以上を割いた。佐野の骨折は、圧迫骨折で、年をとると誰にでも起こりうると解説した。MCの安藤優子(61)と高橋克実(58)が軽口を叩く。

安藤:佐野さんが浮いたのはわずか数センチなんでしょ!

高橋:これでオンエアされないと、骨折り損ですよ。

 ところが、この事故、「ペットボトルが破裂する力で数センチ浮く」というレベルではなかったようなのだ。

「『ガキつか』事故の真相!?」と題した11月10日付の佐野のブログから抜粋すると、

《……事前打ち合わせで、企画を聞かされた時、「絶対に安全です」とは、確かに言われました。/それは信じたよ。/絶対安全神話などないことは、311の原発事故でも学習したはずなんだけどな~/で、現場で、ドラム缶に液体窒素を入れ蓋をし、その上でラーメンを食べるシーンになりました。/最初にアインシュタインの稲田直樹さんがやって、とんでもない爆発だとは思ったけど、吹っ飛んで、何事もなかったようではありました。/笑えてたかな〜?/みんな唖然としてたような…。/ただ、僕がやることになった直前に彼から「腰にきますよ!」とアドバイスは受けました。/そこで、「じゃ、やめた!」とは言えないッスよ~》

 そして爆発。

《爆破直後、マットに飛ばされ横に倒れ、痛いというより、直後、腰に力が入らない!/現場の空気は、こちらはよくわからなかったけど、しばらくそのまま横たわって、立てそうかな?と思い、身体を反転して、衝撃予防のマットの上から降りて立ち上がると、歩けるし、痛くないし。/きっと、脳内から妙な物質が出てたんですかね~?/もうワンコーナーあることが、気になって、番組収録に迷惑かけられない…という神経が、自分の身体の心配より先に立ってしまったんでしょうねえ~。》

 数センチ浮くどころか、体が吹き飛ぶほどの衝撃だったのだ。

「通常なら、佐野さんの映像はお蔵入りでしょう。日テレは今年、ラグビーW杯の放送権を取得した縁で、閉幕後も多くの日本代表選手を特番に出演させています。『笑ってはいけないスペシャル』でも、松ちゃんにそっくりと言われた中島イシレリ選手(30)や、“笑わない男”として人気の稲垣啓太選手(29)が出演すると噂されています。そちらも話題になるとは思いますが、今、それ以上に注目されているのが佐野さんです。彼の入院中のTwitterは、トレンド入りするほど注目されていますし、事故のあった企画を見たい人もいるはず。日テレとしても放送したいところでしょうけどね」(前出・関係者)

 なにより佐野自身が「私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております」と語っている以上、お蔵入りは避けてほしいところ。

 ここは編集力で笑わせてほしい。

週刊新潮WEB取材班

2019年11月19日掲載

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]