札幌移転の「マラソン・競歩」はカジノの犠牲にされた 動く巨大利権

社会 週刊新潮 2019年11月7日号掲載

  • ブックマーク

 東京五輪のマラソンと競歩の「札幌開催案」と、北海道・苫小牧市の「カジノ誘致」。一見、何の関係もなさそうな両者が裏で繋がっていた――。

 あるいはこう言ってもいいかもしれない。「マラソン札幌案」は北海道のカジノ誘致を前に進めるために“使われた”と。その背景については後に詳述するが、現在、北海道の鈴木直道知事は世論などを気にしてカジノ誘致に踏ん切りをつけられずにいる。そこに飛びこんできた「マラソン札幌案」。彼の後見人的存在である菅義偉官房長官は、「マラソンをやらせてやるから北海道にカジノを誘致せよ」と鈴木知事に決断を迫った。...

記事全文を読む