即位の礼パレード延期は美智子さまの強いご意向…令和流が霞む「二重権威」の懸念

社会 週刊新潮 2019年10月31日号掲載

  • ブックマーク

 重さ8トンの「高御座」で、天皇陛下は堂々と宣明を果たされた。今月22日に皇居・宮殿で行われた「即位礼正殿の儀」。続く「祝賀御列の儀」は来月10日に延期されたのだが、そこで浮上したのは、上皇ご夫妻が紡がれた“平成流”との「二重権威」という懸念だった。

 ***...

記事全文を読む