木下優樹菜「タピオカ騒動」 ヤンキー好きの日本人もNOを突きつけた理由

エンタメ 芸能 2019年10月31日掲載

  • ブックマーク

 道端アンジェリカ、徳井義実が相次いで活動自粛。木下優樹菜は「タピオカ恫喝騒動」以降、進退については沈黙を貫いているが、瀬戸際ではないだろうか。実姉が働いていたタピオカ店の店長に対し、脅しまがいのDMを送りつけたことが明らかになった木下。もともとヤンキーだったことを公言していただけに、その「ヤンチャ」ぶりには大して驚きはなかったものの、さすがに物言いが悪質だと批判を浴びた。...

記事全文を読む