企業の「IT音痴」担当者が引き起こす笑えない喜劇

社会2019年10月16日掲載

  • ブックマーク

 ときおり政治家にはUSBを知らない人、パソコン音痴を公言する人はいるものの、さすがに今どき企業においてそこまで酷い例は滅多にない。「セブンペイ」の失敗例が示す通り、ITに関連した知識は企業担当者においては必須教養と化しているのは明らかだ。が、もともと学校で教わってきたわけではないし、多くの管理職は文系だったりするため、その知識レベルにはかなりの差があるようだ。

 AIの研究者である大澤昇平・東京大学准教授は、著書『AI救国論』の中で、こうした日本の状況下では、文系コンサルタントが理系エンジニアよりも時として高収入を得ている、と指摘している。...

記事全文を読む