菅原一秀経産相の元秘書が明かす「ブラック契約書」のあり得ない中身

国内 政治

  • ブックマーク

 この4日から始まった臨時国会では、かねてより発言が物議を醸す小泉進次郎環境相(38)に注目はあつまる。さらに、もうひとりの新閣僚にも疑惑の目が向けられる事態となれば、波乱が予想され……。

 進次郎氏同様、改造内閣の「火種」になりかねないのが菅原一秀経産相(57)だ。音楽グループ「TRF」のダンサーで、安室奈美恵の元夫でもあるSAMと、学生時代にダンスユニットを組んでいたことで知られる菅原氏。奇しくも彼と進次郎氏は、ともに菅義偉(よしひで)官房長官に近く、「脱原発」を訴えていたという共通点があるわけだが、目下、菅原氏の足取りはおぼつかず、ダンサー時代の華麗なステップは見る影もない――。

 すでに本誌(「週刊新潮」)(9月26日号)で報じたように、菅原氏には「ブラック疑惑」が生じている。ざっとおさらいしておくと、彼が経産相になった瞬間、地元である東京9区(練馬区の一部)からは、

「菅原さんの“厳しさ”は有名。『このハゲー!』でトヨマユ(豊田真由子)さんが世間の耳目を集めた時、『次は一秀だ』なんて声があがっていました」(自民党関係者)

 といった話が聞こえてきた。実際、菅原氏の元秘書に話を訊(き)いてみると、

「『てめえ、この野郎』といった暴言は日常茶飯事」

「朝の駅頭でビラ配りをしていると、『覇気がない!』と胸倉を掴まれる」

「1分ごとに携帯電話を鳴らされ続ける」

「書類を取り上げて私の頭上からそれを降らせてきた」

 といった具合に、菅原氏から受けた「被害」の数々が浮かびあがってきたのだ。なお、この「被害証言」はいずれも異なる元秘書によるものであり、証言は他にもまだまだある。

次ページ:疑惑の「ステップ」

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]