日韓関係は最悪でも「韓流ドラマ」は大健闘 コスパ最高、苦情受付はメールで

エンタメ

  • ブックマーク

韓流ドラマのオンエア数は?

 日本における韓流ドラマブームの原点は2004年だという。読売新聞オンラインに「平成16年(2004年)読者が選んだ10大ニュース」の記事がある。確かに韓流ブームを伝えるニュースがランクインしている。(註:引用部分はデイリー新潮の表記法に合わせたほか、敬称略とした)

 ***

 第1位は「新潟県中越地震」だった。マグニチュード6・8の巨大地震、死者は68人に達した。

 2位から5位を並べてみると、「アテネ五輪メダルラッシュ」、「プロ野球界大揺れ、50年ぶり新球団(註:東北楽天ゴールデンイーグルス)」、「イチローが大リーグ年間最多安打記録更新」、「小泉首相再訪朝、拉致被害者家族が帰国」となった。

 そして第8位に「『冬のソナタ』など韓流ブーム」が入っている。実は前年の2003年にNHKはBS2で放送していたのだが、「地上波で放送してほしい」と視聴者が要望。2004年にオンエアすると、社会現象となるほどのヒットを記録した。

 ランキングから世相が見えるが、当時は小泉純一郎(77)が首相で、03年12月に自衛隊をイラクに派遣した。イチロー(45)は現役のメジャーリーガー。北島康介(36)の「チョー気持ちいい」が流行語となり、堀江貴文(46)の肩書きは「ライブドア社長」だった。

 この04年以降、テレビ局で多くの韓流ドラマ放送されていく。ところが10年ごろから“潮目”が変わっていく。まず11年7月に俳優の高岡蒼佑(37)がツイッターを使い、以下のように投稿した。

《正直、お世話になった事も多々あるけど8は今マジで見ない。韓国のTV局かと思う事もしばしば。しーばしーば。うちら日本人は日本の伝統番組求めてますけど。取り合えず韓国ネタ出て来たら消してます^^ ぐっばい。》

「8」とはフジテレビを指していた。高岡はこれを皮切りにフジテレビと韓流ドラマやK-POPへの批判を展開。所属事務所を解雇される騒動へと発展する。

 一方、自民党の総務部会は、フジテレビの韓流偏重批判に一定の理解を示した。8月には衆議院議員だった片山さつき(60)が、民放連会長だった広瀬道貞(83)(註:肩書はいずれも当時)に、フジへの批判を考慮するよう要請を行ったことも話題になった。

「冬のソナタ」がブームとなった04年、韓国の大統領は故・盧武鉉(1946―2009)だった。それから李明博(77)、朴槿恵(67)を経て、現職の文在寅(66)に至る。

 日韓関係の悪化が影響し、最近はすっかり韓流ドラマをテレビで見なくなった。こうお考えの方も多いだろう。

次ページ:BSやCSでは今も“キラーコンテンツ”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]