年間14億着の新品服が廃棄処分される無駄 アパレル業界が抱える構造的な問題

ビジネス 企業・業界 2019年9月27日掲載

  • ブックマーク

 いわゆる「食品ロス」が大きな社会問題となっているのはご存じのとおりだが、アパレル業界でも服が大量廃棄されている。食料品と違って、賞味・消費期限がない洋服がなぜ捨てられてしまうのか。ファッションデザイナーの江森義信氏に聞いた。

 ***...

記事全文を読む