小室圭さん母が信仰の新興宗教信者「“脱会したら罰が当たるぞ”と脅されてきた人生」

国内 社会 2019年09月19日

  • ブックマーク

教団に小室親子について聞くと…

 ともあれ、ここで圭さんと同世代に当たる現役信者の声も聞いてみよう。

「父は彼の両親が入っていたので信者になり、母は自己探求の結果、自主的に入会しました。その2人が共に話していたのは、“私たちは身体が弱かったけれど、大山ねずの命のお蔭で、こうして元気に暮らせているんだ”ということでした」

 その両親からは折に触れ、

「“脱会したら罰が当たるぞ”と脅されてきた人生です。気持ちが落ち込んだりすると、“私の信心が足りないから。私が教会から離れようとしているから”と思うようになっていました。両親に色んな悩みを相談しても、“祈願しなさい”と言われるだけ。2人の言葉はない。“人間に悩みを相談しても悩みが増えるだけ。そんなことを言われても私たちが苦しくなる”という感じで、“神に親を奪われた”と思ったものです」

 小室親子については、

「自分自身を2人の立場に置き換えてみると、“大山ねずの命を信じていたから眞子さまと出会えた、大山ねずの命が付いているから眞子さまと結婚できる”とか、そういった感覚があると思うんですよね。これを全能感と捉えるかは人によりますが、“神が近くにいる”という風に私自身も感じて生きているのは事実です」

 普段、信者たちが何をやっているかというと、

「毎日朝6時、夕方6時に家族みんなで神棚に向かってお祈りします。正座して二拍一礼し、“大山ねずの命、古生童子、直使の御魂、代神供丸斎命、天地八百万の神”と唱えてから、悩みや報告したいことを心の中で伝える。そして、最初と同じ流れで締める。夕方6時には家にいないことが多いから、外出先から心の中で祈願したり、帰宅してからそうするんです」

 遠く離れた地で、圭さんはこれを欠かさないのか。教団に、小室一家が信者であるか否かについて聞くと、

「信教の自由と個人情報保護の必要性からお答えできません」

 と回答した。

週刊新潮 2019年9月19日号掲載

特集「『小室佳代さん』新興宗教で『美智子さま』が苛まれる『宮中の魔女』事件のトラウマ」より

前へ 1 2 3 次へ

[3/3ページ]