「赤旗」100万部割れで異例の声明 共産党が陳腐な理由で政党交付金を拒否した悲劇

政治2019年9月17日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 共産党の生命線ともいえる機関紙「しんぶん赤旗」が、8月1日の時点で100万部を割りこんだ。ピークだった1980年の355万部から、3割未満まで落ち込んだことになる。党からすれば、赤旗は共産党の財政収入の9割を占めるため、このまま部数減に歯止めがかからないと、党の存亡にもかかわる重大な問題だ。

 ***...

記事全文を読む