滝川クリステル、祖父は武田薬品に勤務…知られざるファミリーヒストリーを初公開

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

「未来の総理」の大本命・小泉進次郎代議士との結婚で、世の女性たちの羨望の眼差しを集めた滝川クリステル。だが、「未来のファーストレディー」の家系は謎のベールに包まれ、フェイク情報に踊らされるメディアまで現れる始末。知られざる「履歴書」の中身とは。

 ***

 2人の結婚が明かされたのは、8月7日に開かれた会見の場だった。遡ることおよそ1週間前には、両家の顔合わせの場が開かれていたという。

 小泉純一郎元総理の実弟で、私設秘書として長らく地元を支え続けた小泉正也氏は、

「滝川家のお母さんはさばけた印象の方で、話していてとても面白かった。フランス人のお父さんもダンディで素敵な方だったね。とにかくお互いすぐに仲良くなりましたよ」

 と、当日の様子を振り返る。

「クリステルさんの家族については根掘り葉掘り聞いていない。お父さんの仕事も知らないな。お祖父さんが元神戸市議って話もあるの? そういう家系の話はしなかったなぁ……」

 4代続く政治家一家である小泉家の家系は、かねてより、進次郎氏の祖父や曾祖父の代にまで遡って報じられてきた。

 対する滝川家はどうか。

 改めて新聞各紙の「結婚報道」を見渡すと、新郎側に比して、新婦側の親族に関するエピソードが明らかに少ない。滝クリの著書や過去のインタビュー記事に目を通しても、家族について触れているのは、フランス人の父と日本人の母のなれそめ程度だ。たとえば、

〈母は日本人なんですが、パリに留学していた時期に父に出会って、結婚したんです。(中略)父ももともと、日本の文化や伝統が好きで、日本語を勉強してたんですね。母のアパートには電話がなかったから、下のカフェの公衆電話を使っていたら、そこに父が遊びに来て母に一目惚れして、カフェのおじさんが取りもってくれたそうです〉(「週刊文春」2011年5月5日・12日号)

 だが、この父親の職業ひとつをとっても、〈フランス企業の日本支社を立ち上げ、社長を務めました〉(「朝日新聞」05年7月24日付)という程度の情報しかなかった。彼がフランスの高級ファッションブランド「ウンガロ」の日本法人で代表を務めていたと報じられたのも結婚発表後のことだ。

「令和のビッグカップル」と呼ばれながら、新婦の家系はなぜか謎のベールに包まれているのである。

次ページ:メディアも混乱

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]