小泉進次郎「生き別れの母」が滝川家との顔合わせに同席しない「大人の事情」

エンタメ 芸能 2019年09月09日

  • ブックマーク

 小泉進次郎代議士と滝川クリステルによる8月7日の電撃「結婚会見」から遡ること、およそ1週間――。メディア各社に勘づかれることなく開かれたのは、あの両家による「顔合わせ」だった。

「笑いの絶えない和気藹々とした会食だったよ」

 当日の様子をそう振り返るのは小泉正也氏。小泉純一郎元総理の実弟で、私設秘書として長らく地元を支え続けた人物である。

「僕が進次郎の結婚を知ったのは参院選の投開票日だった7月21日の晩でした。進次郎本人から電話があったので“参院選はごくろうさんだったね”と労(ねぎら)っていたら、いきなり“今度、結婚することになりました”と切り出すんだ。嬉しさのあまり“ヤッホー!”って言っちゃったよ。続けて、お相手が滝川クリステルさんだというのでまた驚いた。さらに、彼女のお腹に子どもがいると聞かされて3度ビックリだよ」

 それからまもない7月末に、両家の人々が都内の飲食店に集って顔合わせをする運びとなった。

「滝川家からはクリステルさんとご両親、モデルの弟さん。こちら側は進次郎と孝太郎に兄と姉、それから僕と家内、あと、進次郎の弟の佳長君もいた。滝川家のお母さんはさばけた印象の方で、話していてとても面白かった。フランス人のお父さんもダンディで素敵な方だったね。とにかくお互いすぐに仲良くなりましたよ」

 正也氏の語る「姉」とは、30年以上に亘って純一郎氏の秘書を務め、小泉家の「女帝」と呼ばれた信子氏のことを指す。

 まさに小泉家が勢揃いしたわけだが、本来であればこの顔合わせに同席してもおかしくない、ある女性の姿だけがなかった。

 これまであまり知られていなかったが、孝太郎と進次郎氏には、佳長さんという弟がいる。この三男を身籠ったまま、純一郎氏と離婚したのが3兄弟の母親・宮本佳代子さんだった。

 進次郎氏と生き別れとなった実の母親は今回、滝川家との顔合わせに同席できなかったのだ。

次ページ:“政治の手伝いはしなくていい”

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]