医師が目指すべき「自立」した「プロフェッショナル」 医療崩壊(27)

国際 Foresight 2019年9月9日掲載

  • ブックマーク

 夏休みが終わった。毎年、夏休みには私が理事長を務める「医療ガバナンス研究所」に大勢の若者がインターンにやってくる。その中には高校生もいる。多くは医学部志望である。

 今年は3名の高校生がやってきた。いずれも神戸市の灘高校1年生だった。私は1987年に灘高を卒業しているから、35年後輩にあたる。生徒の母親が、私の友人と高校の同級生というご縁で紹介していただいた。予想通りだが、この3名も医学部への進学を希望していた。

 灘高は医学部に進学する生徒が多いことで知られている。...

記事全文を読む