亡くなった瀧本哲史さんが遺していた「情報消費社会に必要な戦略」

ビジネス2019年9月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 投資家で京都大客員准教授でもあった瀧本哲史さんの訃報の伝わり方は、ネット時代ならではのものだった。亡くなったことを広く最初に伝えたのは、交流のあった投資家・作家のやまもといちろうさんのブログだ。

 8月15日のブログで、やまもとさんは、このように瀧本さんに向けての言葉を綴っている。

「安心して旅立つことなど人間にはできないのが本質ではありますが、その旅路が輝かしいものであることを、心から祈ります。ありがとうございました」

 問題は、死去といった直接的な表現を避けていた点である。...

記事全文を読む