本場アメリカが「すごい」と最初に認めた日本人女性ミュージシャン

エンタメ2019年8月21日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 テレビのバラエティ番組でお馴染みの企画に「世界で有名な日本人は?」という類のものがある。国によって挙がる名前は多少ちがいはあるけれども、ヨーコ・オノ、坂本龍一、野茂英雄、安倍首相、渡辺謙、大谷翔平あたりがランクインの常連だろう。

 こういうランキングでは滅多に登場しないものの、半世紀近く前からジャズの本場、アメリカで高い評価と人気を博した日本人女性のミュージシャンがいる。

 ピアニストの秋吉敏子だ。

 上原ひろみなど、今となっては世界的な人気を博している日本人ジャズミュージシャンは珍しくなくなってきたが、秋吉がアメリカに挑戦したのはまだ渡航すら自由ではなかった時代。...

記事全文を読む